離婚訴訟の流れ

最初は話し合い

まずは話し合うことが第一歩です。二人の問題なので話し合いで解決できるのであれば、良いですが場合によっては解決しないことも多々あります。

まとまらないなら民事訴訟

話し合いをしてもまとまらないなら、家庭裁判所にて夫婦関係調整申立書を提出する、もしくは民事事件として地方裁判所か簡易裁判所に提起することです。

それでもまとまらないなら離婚裁判

全くまとまらないなら、最終段階の離婚裁判です。ここまでくると解決を絶対にしないといけないため、離婚原因がさらに必要となります。裁判まで発展したら証拠が重要性を高めます。なので、証拠となる物は集めておくべきです。

気になる離婚の原因とは?

離婚を決意した場合は必ず原因があります。その原因をランキングにしたので、気になる方は下記のランキングを見てください。

離婚原因のランキング

no.1

暴力をふるう

いわゆるDVです。愛している夫でも暴力には耐えられないという方は離婚に踏み出すとされています。一番多い離婚の理由とされています。

no.2

精神的な暴力

言葉や行動で相手に精神的な暴力を与えることをモラルハラスメントと言います。モラハラと略されていますが、暴力と同じ位辛い問題です。心の病気を発症してしまい、離婚して問題解決したいという方に多いです。

no.3

浮気

妻や夫に対する愛情が薄くなったため浮気するケースが多いです。ちなみに昔は1度や2度の浮気を我慢している女性も多かったと言われていますが、最近は働く女性も多くなったため、浮気を1度してもあっさり離婚するということも多いと言われています。たった一度の過ちで大きな愛情を失うのです。

no.4

性格の不一致

結婚してまだ浅い夫婦に多い離婚原因とされています。恋人だった時と違い、結婚して一緒にいる時間が多くなることで見える相手の嫌な所。結婚すると元々他人だった二人が家族になるわけですから、嫌な所もお互いカバーすべきと言われています。しかし性格や行動が合わないということで我慢して生活するよりも離婚して再スタートした方がよいと思うケースがほとんどだそうです。

no.5

家庭をかえりみない

特に男性に問題の多い離婚原因です。毎晩飲み歩いたり、休日は一人で遊びに行ったりすることで家族との関わりを持たない夫に嫌気が差し、離婚を決意する妻が多いとされています。

【相談した方がベスト】離婚問題は弁護士へ!

メンズ

色々な手続きがあるから大変・・・

離婚するにしても色んな手続きが必要となります。なので手続き忘れも実は多くあります。家庭裁判所での手続き、市区町村役所で行う手続きなど様々あります。なのであるサイトでは手続き抜けの内容に手続き一覧表というのをダウンロードできるようになっています。こうしたサービスを利用すると手続き忘れもなくなるでしょう。

もしも子供がいる場合はどうすべき?

離婚を決意した場合、子供がいないなら夫婦二人だけの問題で済みます。でも子供がいる場合は二人だけの問題にはなりません。お父さんやお母さんが離婚することで居なくなるということはとても大きな精神的ダメージになります。また学力も低下するというデータもあります。なので、子供がいる家庭での離婚問題は離婚専門の弁護士に相談することを一番オススメします。

離婚専門の弁護士?

上記ででてきた離婚専門の弁護士というのは名前の通り、離婚問題を得意とする弁護士になります。そのため子供との問題、財産関係などの問題も解決してくれるでしょう。また離婚原因は相手にあるのに慰謝料請求されたという問題も対応していると言われています。

離婚専門の弁護士へ相談

離婚時に決めること

  • 財産
  • 借金問題
  • 親権
  • 住居
  • 養育費
  • 慰謝料

[PR]
大阪の弁護士なら安心
あなたの秘密を保護!

[PR]
家族信託を依頼しませんか?
安心をお届けする。

[PR]
交通事故の弁護士は大阪で見つかる!
あなたに寄り添い難題を解決★

医療ミスなら弁護士に話してみよう

[PR]
慰謝料請求されたなら相談しよう
プロがあなたの味方になる!

広告募集中